トピックス

JDCA/TDC連携シンポジウム [林野庁・地域材を利用した木材製品事業]

2016年 10月27日(木) 午後4時~6時

東京デザインセンター ガレリアホール

戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎える中、この豊富な森林資源を循環利用し、林業の成長産業化(6次産業化)を実現していかねばなりません。それには林業家自身からも指摘されているように、建築の構造材として木材を使うだけでなく、内装の木造化推進も急務となっています。
東京デザインセンター(TDC)は、本年、日本デザインコンサルタント協会( JDCA)、茨城県の特注家具メーカー草苅木工(株)と連携し、特注家具による地域材利用のモデル事業を推進しております。多様な個性を持つ地域材を全国に流通する家具として利用するには、材料や規格の統一など多くの課題を抱えます。それに対して特注家具・建具の世界では、土地の味わいのある地域材を用いて、そこにしかない家具や内装造作をつくり出し、地域の林業にダイレクトに貢献することができます。
本シンポジウムの講師として、日本を代表する二人のデザイナー、川上元美氏と小泉誠氏の他、林野庁からも担当官の方々をお招きし、林業、家具産業、デザインの三者連携によって地域材という資源を有効に活用する、林業における「地産地消」を語っていただきます。

パネリスト:川上元美(日本デザイン振興会会長、東京芸術大学客員教授などを歴任)、小泉誠(武蔵野美術大学教授、日本クラフト展大賞・毎日デザイン賞他受賞多数)
日 時: 2016年10月27日(木)午後4時~6時
会 場:東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター ガレリアホール
申 込:event@design-center.co.jp tel 03-3445-1121(参加費無料・要事前申し込み)

ホームページアドレス

http://www.design-center.co.jp

運営団体名

(株)東京デザインセンター

事業名

平成27年度 地域材利用の木材関係者等への支援対策事業

お問い合わせ先
(株)東京デザインセンター 広報担当 橋本、青木
03-3445-1121(大代)press@design-center.co.jp