三重県木材協同組合連合会

平成27年度 地域材利用の木材関係者等への支援対策事業

三重県木材協同組合連合会

実施概要

1 展示会(「三重の木」)でつくる暮らし展の開催
 (1) 目的
 新築・リフォーム等の住宅分野における地域木材の需要拡大を図るため、工務店・製材業者・設計事務所・各協会、組合・団体の連携による展示会を開催した。
 (2)日時:平成28年7月16日(土)10:00~17:00、7月17日(日)10:00~16:00
 (3)場所:メッセウィングみえ 1F展示場
 (4)出展社
設計会社6社、建築会社9社、製材会社4社、家具会社2社、設計・建築会社4社
製材・建築会社2社、組織・団体 10団体                    計37社・団体
開会式
 
来場者入場
 

 

各ブース状況

 


 (5)会場内集客イベント
木工教室
 
木造仮設住宅
 
木育広場
 

チェーンソー競技大会
 

丸太切り体験

もちまき
 

かんな削り体験
 

 (6)同時開催:木育・木造セミナー
  月日:7月17日 (日)
  場所:メッセウィングみえ 2F大研修室
時 間 講 演 名 講 師
10:15~
11:45
木育概論
~大人として、子どもをどう育てたいですか?~
福島
計一
共育工房IPPO
ぎふ木育推進員
14:00~
15:45
「木の良さ」を科学する
 ~地球も人も「木づかい」で健やかに~
恒次
祐子
森林総合研究所
木質構造居住環境研究室工学博士
 

 (7)チラシ

 (8)入場者:7月16日(土) 1,800人、7月17日(日) 2,500人 計4,300人
 (9)後援:三重県、津市、中日新聞社、三重テレビ放送、ZTV、三重エフエム放送
 (10)広報:新聞広告2回、旧津市内チラシ新聞折り込み107千枚、鈴鹿市広報1回、三重エフエム放送2回、Facebook広告2週間
2 協議会の開催
  協議会委員
 
平成28年 三重県木造住宅等地域材利用拡大推進協議会 委員名簿
分 野 氏  名 所  属 役 職 備  考
建築士 濱出  進 (一社)三重県建築士事務所協会 会 長  
宮原 良雄 (一社)三重県建築士会 常任理事  
住宅生産者 杣川 光孝 三重県建設労働組合 執行委員長 副会長
佐野 行廣 (一社)三重県建設業協会 副会長  
草深 靖志 (公社)三重県宅地建物取引業協会 常務理事  
森林・林業 森  秀美 三重県森林組合連合会 代表理事専務  
木材関連 黄瀬  稔 三重県木材協同組合連合会 理事長 会長
行  政 前田 芳宏 三重県森林・林業経営課 課 長 欠席
木下 直也       〃 班 長 代理出席
事務局 深田  透 三重県木材協同組合連合会 常務理事  
真弓 哲裕       〃 業務課長  

 (1)第1回会議
  日時:平成28年5月18日(水)10:00~12:00
  内容:応急仮設住宅の建設について
     木工教室について
     出展者説明会について
     広報関係について

 (2)第2回会議
  日時:平成28年9月28日(水)10:00~11:30
  内容:「三重の木」でつくる暮らし展の開催結果について
     来年度の展示会のついて


事業実施により得られた効果

 (1)県内展示会の開催とそのPRのために行った新聞広告、チラシ折り込み、インターネット広告により、「三重の木」の認知度が上がった。また、木造住宅の優位性についても多くの県民に理解が進んだ。
 (2)最終の三重県木造住宅等地域材利用拡大推進協議会において、今年度補正予算の取り組みについて方向性が定まり、早期の着手が可能となっている。
 

今後の課題と次年度以降の計画

 事業終了後も協議会を継続させ、年の数回開催し、情報交換・協力体制の維持を図っていきたい。